専業主婦の再就職

育児中の女性が働き始めるのに相応しい時期とは

様々な事情・理由から「働きたい!」「働かなければ!」
という専業主婦の女性がいると思いますが
その中には、当然「お母さん」も含まれているはずです。

 

というよりも「一度会社を辞めている」ということは
「子供のいる専業主婦」である割合が多いはずです。

 

そういった「子供のいる家庭のお母さん」の場合
「子育て」をしつつ、家の外で働き始めるためには
子供に対するケアや働く意義・意味も、真剣に考えていく必要があります。

 

出産・育児後の働き方

 

子供がいる家庭のお母さんが
働きに出ることは全く珍しいことではありません。

 

むしろ、母親が何らかの「パート」をしている家庭は非常に多く
ほとんどの家庭が「夫婦共働き」です。

 

一般的には「パートタイマー」と呼ばれる
1日の中の、限られた時間の中で「非正規」と呼ばれる
働き方をしている女性が多く見れらます。

 

しかし、出産後も「フルタイム」「正社員」として働く女性もおり
女性の社会進出に伴い、増加し続けています。

 

現実として「正社員」として働いている女性は

 

「産休」と呼ばれる制度を取得し、赤ちゃんが一定の時期まで育ったら
「また戻ってくる」ということが可能な会社で「元から働いていた」という女性と

 

「出産前と同じ業種」で、出産前に身に着けたスキルを活かし
「中途採用」として、働いている女性がいます。

 

言うまでもなく、前者の方が仕事復帰までがスムーズであり
後者は、新たに「応募」「面接」という過程が必要になります。

 

「働き始める時期」はある程度決まっている

 

基本的には「母親」が子育てのメインになることが多く
「パート」にしても「フルタイム」にしても
「子供が手を離れたら」ということが多くなるはずです。

 

具体的には「小学校入学」や
「塾」等のお金がかかり始める「中学校」くらいから
「パートに出る」というお母さんが、多くなっているようです。

 

「幼稚園以前」であれば「働いている時間」に
子供の面倒を見てもらう必要があり
おじいちゃん・おばあちゃんとの同居でなければ現実的ではありません。

 

また「保育園」等といった場合には、お金がかかるため
「パート」等に場合は「賃金」と「保育料」のバランスが取れなくなるため
やはり「3〜4歳以降」に働き始める例が、一般的になります。

 

経済的な事情によって、子供が小さいうちに
働きに出なければならない場合でも
「パート」ではなく「フルタイム」でなければ
金銭的にも「働く意味がない」ということが言えます。


 
トップ