専業主婦の再就職

できるだけ早く採用してもらいたい

「生活リズム」だけでなく「人生」に対しても
大きな影響を与える「仕事」「就業」に関しては
じっくりと、真剣に、冷静に考えながら、様々な決定をしていくべきです。

 

しかしながら「なんらかの事情」によって
今スグにでも働きたい、働かなければ「ならない」といった方も多いようです。

 

迷っていられない・なんでもいいから働きたい・お金を稼ぎたい
そういった場合でも、一度は冷静になり「求人サイト」
じっくりと吟味して「できるだけ条件のいい」仕事を見つけるべきです。

 

焦りは禁物

 

「求職」に限らず、焦っている状態は非常に「危険」です。

 

焦っている状態では「判断力」が鈍り
「間違った判断」を下してしまいがちです。

 

特に「仕事」に関しては、その本来も最も大きな目的は「お金」であり
お金を稼ぐための「仕事内容」「待遇」といった面は、非常に重要です。

 

「一時の焦り」によって、自分にとって「不利」な条件の
仕事を選んでしまい「続けられない」「体調を崩してしまう」となると
正に「本末転倒」になってしまい「時間(機会)」の無題に終わってしまいます。

 

「条件」を整理しておく

 

一言で「条件」といっても、様々な要素があり
また人によって、吟味する「角度」も違ってきます。

 

大まかなものでは

  • 賃金(時給)
  • 労働時間(時間帯)

 

「時給×労働時間=賃金(収入)」であり
この「組み合わせ」は、最も大きな要素になります。

 

  • 低い時給で、長時間働く(時給は低いが、長時間働くことが出来る)
  • 高い時給で、短時間働く(時給は高いが、短時間しか働くことが出来ない)

 

こういった組み合わせは、自分や家族の生活環境・リズムによって
様々なパターンが考えられ、その中で「出来るだけいい」環境
自分で作っていく、希望していく必要があります。

 

目先のお金ではなく「経験」も大切にする

 

「出来るだけ早く働かなければならない」というケースは
そのほとんどが「お金」に関する事情であり
「家計を助けるため」という目的が多いと思います。

 

どうしても「働ければ(お金が稼げれば)何でもいい」
なってしまいがちですが、せかっく働くのであれば

  • 自分の能力を活かす
  • 新たな能力・有意義な経験を積む

 

この2つを意識して、仕事を選ぶ・仕事に取り組む
ということを、忘れないでほしいと思います。

 

「苦痛」な中で「イヤイヤ」仕事をこなすのは
あらゆる面で「マイナス」であり
「いずれは」出来るだけ前向きに働けるように
日々、準備していく・取り組むことが大切です。

 

そのためにはやはり、最初の段階で
「次につながる」仕事を、選ぶべきであることに違いありません。


 
トップ