専業主婦の再就職

パートのメリット・デメリット

このサイトをご覧になっている方というのは
「できることなら正社員で」という希望を持っている方が多いと思いますが
世の中の「雇用形態」と呼ばれるものは、正社員だけではないことも
前提としてご存知であり、それを考慮した希望であるはずです。

 

しかしながら、そもそもなぜ「正社員がいい」と思うのか
その理由は人によって、いくつかに分かれると思います。

 

正社員を望む理由としては

  • 賃金
  • 安定
  • キャリア

 

この3つが、主なものになるはずですが
その理由は「従来」の思い込みであることも考えられ
正規雇用・非正規雇用のイメージ、現実的なメリット・デメリットは
「暮らし方」の変化と共に、大きく変わってきていており、一長一短でもあります。

 

必ずしも正社員がいいとは限らない現実も

 

上記した3つの中で、特に「賃金」に関しては
確かに「非正規」に比べて、「正社員」の方が多いことが一般的です。

 

その理由としては、アルバイト・パートに比べて
「拘束時間」が長いことが挙げられます。

 

これは「安定」にも少し通じる部分がありますが
「一定の量・責任」のある仕事を任されることになるため
逆に言えば「逃げられない」ものであるとも考えられます。

 

この「拘束時間」というものは、「主婦」にとって
最も大きな「ネック」であり、「お金」「安定」と引き換えになることが事実です。

 

また、確かに「キャリア」といった面において
「正社員で頑張ってきた」ことが、評価につながることが事実でもありますが
それは「次の」転職の際に考慮する・されるべき内容であり
「その会社」においての「スタート」と考えれば
時間・経験と共に「正社員登用」といったことも、十分に考えられます。

 

最初は「派遣」からのスタートも

 

これらを考慮した結果「正社員ではないスタート」といったものも
十分に考える余地のあるものであり、それほど「悲観」するものではありません。

 

むしろ、「子供がまだ幼いうち」から働き始める場合には
「とりあえず最初は」パート・アルバイト、または「契約社員」といった
雇用形態でその会社に雇ってもらい、「チャンス」を待つことが
結果的に、メリットが多いケースも考えられます。

 

その際には、できることであれば「契約社員」等
少しでも「会社に近い」存在になっておくことは、確かに必要です。

 

メジャーな求人サイトであれば、「正社員」以外の求人も掲載されており
様々な「待遇(正社員登用の有無)を含めて、目を通してみましょう。

 

「非正規」だからといって「レベルが低い」「待遇が悪い」と考えず
中には「専門性」が高いものものが求められており、「その分野」に精通していることで


 
トップ